So-net無料ブログ作成
検索選択

福祉とカラーの本「彩色ケアが認知症を変える!」

もう1月も半ばを過ぎました。
先日やっと手に入りました。
彩色ケアが認知症を変える!.JPG
「彩色ケアが認知症を変える !」
折重賢一郎
三浦南海子

福祉とカラーの本です。

実は筆者の三浦南海子先生の「色カルタ」セミナーが受けたくて、
ブログに問い合わせし、メールにてすごく丁寧なお返事を頂き、
まずは本を・・・といういきさつです。

全体的にすごく分かりやすく、「色カルタ」の使い方が載っています。

心に残ったのは、
「廃用症候群」の話。

よくお年寄りは1つ怪我をすると寝たきりになってしまう・・・
って聞いたことありませんか?

つまり、臓器は使わなくなると機能が低下していき身体全体が動かなくなってくるのです。


「眼」を通して刺激が少なければ、脳も・・・というわけです。
毎日色の見分けや物の見分けをせず
暗い部屋で過ごしたら・・・・[がく~(落胆した顔)]
怖いですね。


色カルタは、認知症の方だけでなく
アイスブレイクなど使えるので、是非取り入れたいと思っています[揺れるハート]

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。